オゾン発生器

オゾン発生器は、オゾンガス(O3)を生成するために使用される装置です。オゾンは分解しやすく、貯蔵できません。現場で準備して使用する必要があるため(特別な状況下で短期保管が可能)、オゾンを使用できるすべての場所でオゾン発生器を使用する必要があります。オゾン発生器は、飲料水、下水、工業用酸化、食品加工および保存、医療合成、および宇宙滅菌で広く使用されています。オゾン発生器で生成されたオゾンガスは、直接使用することも、混合装置で液体と混合して反応に関与させることもできます。オゾンは、高周波と高圧の原理でセラミックプレートによって生成されます。ガス源は空気であり、他の原材料は含まれていません。オゾンの広域、高効率、迅速な殺菌機能を利用して、室内の空気を殺菌し、バクテリア、菌類、その他のバクテリアのタンパク質殻を酸化、変性させ、バクテリアの繁殖体や胞子、ウイルス、菌類などを殺します。有毒成分(ホルムアルデヒド、ベンゼン、アンモニア、煙、臭いのある有機物など)は酸化反応を起こし、臭いを取り除き、その毒性を放出します。