膨張弁

膨張弁は通常、液体貯蔵シリンダーと蒸発器の間に設置されます。膨張弁により、中高温高圧の液体冷媒が絞りにより低温低圧の湿った蒸気になり、冷媒が蒸発器で熱を吸収して冷却効果を発揮します。膨張弁は、蒸発器の端での過熱の変化によって弁の流れを制御し、発生を防ぎます。蒸発器領域の不十分な利用とシリンダーのノッキング。

12次へ>>> ページ1/2